赤ちゃんの肌を優しく包む新生児肌着【ママの好みで選んでも楽しい】

肌着

季節に応じて使い分ける

新生児期の赤ちゃんは肌着を使い分けて体温調節を行うことが必要です。基本となる短肌着は肌にやさしいコットン生地のものを選ぶようにしましょう。また、肌への刺激にならないように縫い目や洗濯表示が外側にあるものや、化学処理していない短肌着を選ぶことが大切です。

ベビー

ネット通販でも購入出来る

新生児の肌着は赤ちゃんのお肌のことを考えて慎重に選びたいものです。短肌着、長肌着などシーズンや目的などに合わせて選んでいきましょう。また店頭ではなく、インターネット通販でもお得に購入することが出来ます。

衣類

着心地を重視して選ぶ

新生児の肌はとても敏感なので、肌にやさしい国産の綿100%のものをおすすめします。一日に何度も着替えさせるので数が必要ですし、性別に関係ない黄色などであれば事前に買い揃えておくことが出来ますので、出産前から肌着の用意を始めておいてください。

新生児用品

赤ちゃん用の洋服

新生児用の肌着は、大人のものと少し異なっています。ひとつのタイプとして、甚平や浴衣のように着て、紐で結ぶものがあります。また、Tシャツやタンクトップのものもありますが、タグが外側についているのが新生児用の特徴です。メッシュタイプのものもあり、夏場に適した肌着も販売されています。

衣類

準備に必要なもの

出産を控えている家庭では新しく生まれてくる赤ちゃんのためにさまざまな準備が必要です。その準備の一つに新生児用の肌着があります。新陳代謝が活発で自分で体温の調節ができない赤ちゃんにとって、肌着はとても大切なアイテムの一つです。

主に長さで違います

服

着やすいものを

新生児の赤ちゃんの肌はとてもデリケート。赤ちゃんに合った肌着を選んであげたいですね。新生児の頃はまだ首がすわっておらず、ねんねで過ごすことが多いので、寝たままで脱ぎ着ができるよう、着物のように前合わせで着せるものが多いです。種類としては、主に「短肌着」「長肌着」「コンビ肌着」があります。短肌着は、腰丈くらいの長さです。これに対して、足首くらいまで長いのが長肌着です。同様に長いのに、両足分けて着せられるのがコンビ肌着です。丈の短いものは、しっかり汗を吸い取ってくれて暑苦しくないため、夏に便利です。長いものは、逆に寒い時期に便利です。足をバタバタさせるのが好きな赤ちゃんには、コンビ肌着が足回りが楽で都合がよいかもしれません。季節や赤ちゃんにより、異なる種類の肌着を2枚着せても良いです。いずれも、コットンなどの柔らかい素材が多いようです。また、新生児の肌に直接触れないよう、縫い目を外側にするなどの工夫がされていることもあります。新生児に優しいように作られています。また、デザインも、赤ちゃんらしい可愛いデザインのものから、シンプルな無地、昔ながらの麻の葉など様々です。ママの好みで選んでも楽しいと思います。新生児は汗っかきですので、1日に何回も肌着を取り替えることもあるでしょう。そのため、何枚も用意しておくと便利なので、3枚セット、2枚セットなどお求めやすい状態で販売されることも多いようです。

人気記事

肌着

季節に応じて使い分ける

新生児期の赤ちゃんは肌着を使い分けて体温調節を行うことが必要です。基本となる短肌着は肌にやさしいコットン生地のものを選ぶようにしましょう。また、肌への刺激にならないように縫い目や洗濯表示が外側にあるものや、化学処理していない短肌着を選ぶことが大切です。

ベビー

ネット通販でも購入出来る

新生児の肌着は赤ちゃんのお肌のことを考えて慎重に選びたいものです。短肌着、長肌着などシーズンや目的などに合わせて選んでいきましょう。また店頭ではなく、インターネット通販でもお得に購入することが出来ます。

衣類

着心地を重視して選ぶ

新生児の肌はとても敏感なので、肌にやさしい国産の綿100%のものをおすすめします。一日に何度も着替えさせるので数が必要ですし、性別に関係ない黄色などであれば事前に買い揃えておくことが出来ますので、出産前から肌着の用意を始めておいてください。

新生児用品

赤ちゃん用の洋服

新生児用の肌着は、大人のものと少し異なっています。ひとつのタイプとして、甚平や浴衣のように着て、紐で結ぶものがあります。また、Tシャツやタンクトップのものもありますが、タグが外側についているのが新生児用の特徴です。メッシュタイプのものもあり、夏場に適した肌着も販売されています。

衣類

準備に必要なもの

出産を控えている家庭では新しく生まれてくる赤ちゃんのためにさまざまな準備が必要です。その準備の一つに新生児用の肌着があります。新陳代謝が活発で自分で体温の調節ができない赤ちゃんにとって、肌着はとても大切なアイテムの一つです。