赤ちゃんの肌を優しく包む新生児肌着【ママの好みで選んでも楽しい】

季節に応じて使い分ける

肌着

肌にやさしい生地や縫製

生まれたての赤ちゃんは新陳代謝が活発でよく汗をかくため、汗をしっかり吸収する肌着で体温調節することが必要です。肌着は一年中着用するものなので、季節に応じてさまざまなタイプを使い分けることが大切です。新生児の肌は大人よりもデリケートなので、通気性の良いコットン100%の生地を選ぶようにしましょう。同じコットンでも生地の編み方によって手触りや厚さが異なります。ガーゼ生地は薄く、織り目が粗いので通気性が良く、汗をかきやすい夏に適した生地です。パイル生地はふんわりとしてやわらかいタオル生地で保温性が高いので、寒い冬の時期にぴったりです。伸縮性のあるフライス生地は程よい厚みがあり、一年中着用することができます。おむつ替えを頻繁に行う新生児期は、丈が短い短肌着を着用するのが基本となっています。汗取りや体温調節に適しているため、年間通して着用できるアイテムです。暑い夏は一枚で、寒い冬は重ね着して体温調節することができます。丈が長い長肌着は足まですっぽり覆うことができるので、短肌着の上に重ね着してお腹の冷えを予防することもできます。新生児期の赤ちゃんの肌はちょっとした刺激に敏感なので、生地の縫い目で肌がこすれて、赤みやかぶれを起こすことがあります。短肌着を購入するときは、外側に縫製されているものや、洗濯表示が外側に縫い付けてあるものを選ぶようにしましょう。また、新生児期の赤ちゃんは成長が早いので、調節しやすいひもで結ぶタイプの短肌着を選ぶのがおすすめです。アトピーや敏感肌の赤ちゃんには化学処理をしていない生地を選ぶようにしましょう。オーガニックコットンや蛍光増白剤を使用していない生地なら、肌への負担を軽減することができます。