赤ちゃんの肌を優しく包む新生児肌着【ママの好みで選んでも楽しい】

赤ちゃん用の洋服

新生児用品

赤ちゃんの事を考えて

赤ちゃんが産まれたら色々と買い揃える必要があります。例えば、肌着などの洋服です。新生児用の肌着は子どもや大人が着るような洋服と異なっています。どのように異なっているかというと、大人が着るような頭から被るタイプではなく、甚平や浴衣のように羽織るタイプになっています。そして、紐で結んで着るようになっています。また、素材はコットン(綿)100%であることが多いです。これは、綿が一番肌への刺激が少ないからです。この甚平(浴衣)タイプの肌着でも有機栽培された綿、いわゆるオーガニックコットンを使った肌着を選ぶお母さんも多いです。わが子の事になると少しでも良いものをあげようと考える親御さんは多いです。また、新生児が少し大きくなるとTシャツやタンクトップのような肌着を着るようになります。コットンが使われている点はもちろんなのですが、これも大人が着るタイプと変わっている場合が多いです。それは、肌着のタグが内側でなく、外側についているという点です。これは新生児の肌への刺激を少しでも低減する為、タグが肌に触れないようにしています。一般的にはタグが外側についていますが、たまに安い製品を買うと中にタグがついている場合があるので注意が必要です。こういった場合の対処としては、タグを切って取り外すのが新生児の肌への影響を排除することができます。その他の注意点では、新生児は体温調整がうまくできないので、肌着の種類を選ぶ必要があります。具体的にはメッシュ素材かそれ以外かという事です。夏場はメッシュ素材の方が涼しく、新生児に優しいです。